葛飾区 ぽっかぽか整骨院 亀有院 HOME > > 幼児期の肘の脱臼(肘内障)

各症状の原因と施術について

幼児期の肘の脱臼(肘内障)

幼児期の肘の脱臼
こんなお悩みありませんか?

chuunaishouyjimage.jpg

「腕をひっぱたら腕を動かさない」
「子供が肘を抑えて泣いている」
「着替えさせたら、腕を使わない」
「様子が少し変で片腕を使わない」

幼児の肘の脱臼(肘内障)は、子供が
親に手を強く引かれた時に生じます。
多くは1歳から4歳までの幼児期に発
生して、子供が腕を垂らしたまま動か
そうとしなくなります。

幼児期はまだ骨の発達が未熟で、肘を
引っ張ると肘の輪状靭帯という靭帯が
肘の骨がらずれて亜脱臼してしまいま
す。

肘内障が起きると、ずっと泣き続ける
お子さんが多く、親はなぜこんなに子
供が泣くのか不思議に思うことが多い
のですが、全く泣かないで、手を上げ
なくなるだけのお子さんもいらっしゃ
います。

この時期の子供はまだ自分の状態を、
うまく表現することが出来ませんので
腕の動きを注意して観察することが重
要です。よくご両親の間にお子さんを
挟んで、両手を繋いでブランブランし
ていて発生したり、子供が道路に飛び
出そうとして、慌てて腕を引っ張った
瞬間に発生する事があります。

稀に誰も引っ張ったような記憶がなく
ても、発生してしまうこともあるので
もしお子様が何だか分からないけど、
泣きやまなかったり、腕を動かさなく
なったら早めに近くの病院で受診して
下さいね。