各症状の原因と施術について

ひじ痛(テニス肘・野球肘・ゴルフ肘)

ひじの痛み
こんなお悩みありませんか?

肘

「肘が痛くてテニスができない」
「肘が痛くてゴルフができない」
「肘が痛くて野球ができない」
「重いものを持つと肘が激痛」
「いつまで肘の痛みが治らない」
「仕事や家事が肘が痛くて苦痛だ」

肘が痛くなる原因として、
テニスプレーヤーに多い「テニス肘」
があります。

これは肘の外側が痛くなるのですが、
内側が痛くなるものに、「野球肘」、
「ゴルフ肘」があります。

正式には肘の外側が痛むテニス肘は
「上腕骨外側上顆炎」

肘の内側が痛む野球肘(ゴルフ肘)は
「上腕骨内側上顆炎」といいます。

このような痛みはスポーツに限らず、
日常の生活によっても生じます。

家庭の主婦の方にテニス肘のような痛
みが多く、仕事でコンピューターのキ
ーボードを、長時間操作したりして起
きることが多いです。

また産後のお母さんが赤ちゃんを抱っ
こし過ぎて発症するケースも多く見ら
れます。

症状としては雑巾を絞る時やペットボ
トルの蓋を開ける時に激痛が走るそう
です。

痛みがある時は、まず患部を安静にし
ます。

冷やさないように、サポーターをつけ
るのもいいでしょう。

誘因となっている過激なスポーツは中
止し、職業上の負担が誘因の場合は、
それを軽減または取り除くことが大切
です。

肘の痛みは加齢による筋肉の衰えも起
因します。

自分で出来る対処法としては、日頃か
ら指を伸ばしたり縮めたりする筋力を
強化し、腕の筋肉を鍛えておくことが
肘の痛みの予防につながります。

またスポーツの前には、必ず準備運動
(ウォーミングアップ)を十分に行う
ことが大切です。