各症状の原因と施術について

足首の捻挫

足首の捻挫
足首で最も起きやすいケガが捻挫で
す。
スポーツをしている時や階段を昇り
降りしてる際、足を外側に思い切り
捻ってしまい起こる症状です。
主に、外側の靭帯を痛めてしまうも
のと内側の靭帯を痛めてしまうもの
に分かれますが、ほとんどの方が経
験されるのが、外側の靭帯を痛めて
しまう損傷です。
外側の靭帯を痛める際は、足の先が
内側に向くように捻る(内返し)動
作により発生します。
痛めた状況にもよりますが、発生し
てすぐに足が着けないような症状の
場合、骨折が同時に起きている可能
性が高くなりますので、まずは病院
でレントゲンなど検査をする必要が
あります。
応急処置としては、ビニールにいれ
た氷を患部にあて、15~20分く
らい手で動かしながら冷やします。
この際、コールドスプレーやアイス
ノン等の保冷材は、患部が凍傷にな
る危険性があるため、避けるのが賢
明です。
たかが捻挫と侮っていると、痛みが
何年にもわたり発生したり、関節が
緩くなってしまうことで何度も捻挫
を繰り返しやすくなってしまうので
注意が必要です。
また、足首が弱くなると、腰や膝に
も負担がかかりやすくなってしまう
ので、必ず専門の医療機関を受診す
るようにしてください。
当院では、足首の捻挫の場合、必ず
股関節や膝、腰からも調整を行いま
す。
足首は、地面と触れ合って体を支え
る重要な関節の為、わずかなずれが
残ってしまうと、上半身にも大きな
影響を及ぼします。
そのため、足首の固定や矯正も大切
ですが、足首以外の関節を一緒に整
えることが、ケガの回復を早め、ま
た再発防止に役立つのです。
足が着くのも辛い捻挫の症状が、腰
を調整するだけで腫れが引き、靴を
履いて歩いて帰れるようなケースも
あります。
詳しい施術方法はお電話かメールに
てお問合せください。