月別アーカイブ

カテゴリ一覧

熱中症急増中!正しい対策を!

2018.07.24 | Category: 未分類

7月だというのに、都内でも35℃を超える猛暑日が1週間以上続いています。。。

 

そのせいか、熱中症にかかってしまう方が急増していて、7月の3連休だけで、

14人が亡くなって、5,000人以上が搬送という、例を見ない異常事態となっています。

なぜ、こんなにも警戒しているのに、熱中症にかかってしまうのでしょうか?

それは、熱中症には暑さだけではない「見えないリスク」があるからです。

 

その「見えないリスク」とは、

①水分だけしかとれていない

②初期症状のうちに気づけていない

③体温調節機能の低下(自律神経・内臓)

 

の3つがあげられます。

ひとつずつ、対策をしてみましょう。

 

 

①水分だけしかとれていない

よく、「熱中症の予防には、水分をとればいい」と言いますが、これがまずは大きな誤解です。

水だけを飲んでいても、汗によって奪われた塩分(ミネラル)の補給にはならず、むしろ体内の残り少ないミネラルをさらに体外に出すことにつながってしまいます。

さらに、コーラ、緑茶、ウーロン茶、ジャスミン茶といったカフェインを含む飲み物も、最終的に体内の水分を出してしまう事につながるので、むしろ逆効果です。

1番簡単なのは、スポーツドリンクを「ゆっくり」飲むことです。一気飲みをするとむしろ吸収しにくくなるので注意です。よく、「薄めて飲んだ方が良い」という意見を聞きますが、通常時ならば糖質の摂り過ぎを防げるので間違いではありませんが、熱中症などの脱水時には、大切なミネラルも薄まってしまう為、これも逆効果です。

また、ドラッグストアにはCMでも有名な「オーエスワン」などの「経口補水液」が売っています。

これはミネラルがけっこう多めに入っている、まさに飲む点滴です。

すでに「だるさ」「めまい」などの初期症状が出ている場合は、経口補水液を飲むことをオススメします。

 

 

②初期症状のうちに気づけていない

これもよく勘違いされている方がいますが、一時的な失神(クラクラする、意識障害)や、痺れが出てから対処するのでは、手遅れになることが多いです。

熱中症の初期症状は、「だるい」「めまい」「疲れやすい」「頭がぼーっとする」「汗が出ない」「足がつりそう」など、一般的に「まだ大丈夫」と思っている症状が、すでに黄色信号です。

特に気を付けなければいけないのが、外出時よりも室内にいる時で、去年の熱中症の5割は屋内だったというデータもあります。

この状況で意識障害や痺れが出てしまうと、外出したり、助けを呼ぶこともままならなくなります。

とにかく、「まだ大丈夫」と思えるうちに対策をすることが重要なのです。

 

 

③体温調節機能の低下(自律神経・内臓)

腎臓や膀胱が弱ってしまったり、自律神経のバランスが乱れてしまうと、水分や塩分をとっていても

「充分活かせない」ことがあります。

風邪などで胃腸が弱っているときに、栄養をたくさんとっても消化・吸収できないのと同じです。

特にこの時期は、エアコンが強すぎるせいで、会社や電車、スーパーやコンビニの出入りだけでも、

「極端に暑い → 極端に寒い」のアップダウンがあります。

そのせいで体温調節に関わる、自律神経や腎臓などが悲鳴を上げてしまうのです。

簡単にできる対策として、腎臓に良い食べ物を意識して摂ると、夏バテ対策にもあります。

 

◎熱中症対策(腎臓に良い)食べもの

○ 黒豆、黒ゴマ、質の良い塩(海のものなど)

○ わかめ、ひじき、イカ、タコ

○ 山芋、ゴボウ、昆布、わかめ、ナマコ、牡蠣

○ 納豆、オクラ

※共通点:黒い、またはヌメヌメしたもの

 

また自律神経対策としては、夏こそ湯船につかったり、お腹や足を温める事で、冷房による冷えを解消してあげることが大切です。

まだまだ夏はこれからです。正しい知識と対策で、夏を楽しいだけでなく、安全・安心な思い出にしてくださいね。

★足指無料キャンペーン

冷えからくる自律神経や内臓の不調には、当院の足指血行改善療法が効果抜群です!

期間限定、当院の足指血行療法(¥2,800)を無料でご提供させて頂きます。

8月31日まで、お一人様1回限り、必ず事前のご予約をお願い致します。

★サマータイム実施

暑くて外出できない、、、 夏休みで子供がいて通えない、、、

そんな声を頂きまして、8月31日まで、ご予約頂けました患者様に限り、早朝8時から・夜間21時以降の診療も承らせて頂きます。

ただし、初診の患者様はお取りできませんのでご了承ください。

交通事故マニュアル無料プレゼント!

2018.06.13 | Category: 交通事故

現在、東京都内で発生している交通事故件数は、1ヶ月で平均約3000件と言われています。

 

そんな東京都内でも上位の交通事故発生率をもつ足立区と葛飾区、

当院がある亀有はそのちょうど境にあるためか、交通事故による問い合わせが非常に多くなっています。

 

特に交通量が多くなる連休や長期休暇では、深夜や早朝でも、不幸にも事故に遭われてしまった方からのご相談が入ることがあります。

 

しかし、事故直後から、警察や病院、保険会社などに適切に対応できれば問題ないのですが、

中には

「事故直後は痛くなかった」

「仕事に行く途中だったので、現場検証や病院に行く時間がなかった」

「事故の過失割合がわからないと言われた」

 

などの理由から、病院での診断や保険会社への報告が後回しになってしまうことがあります。

 

もちろん、1日2日遅れた程度では何も問題はありません。

 

しかし、交通事故による痛みであると証明される期限は

事故発生から原則2週間以内とされています。

 

これを過ぎてしまうと、いくら痛みが出ているからと言っても、それは交通事故が原因であると証明することが難しくなり、

事故によるケガだと法律上認めてもらえなくなってしまうのです。

 

こうなると、本来使えるはずの自動車保険を使う事ができないため、自己負担で通院せざる負えなくなり、

後遺症や慰謝料なども泣き寝入りするしかなくなってしまいます。

 

交通事故は、自分だけがどんなに気を付けていも発生してしまいます。

 

車による追突は、時速5キロ程度であったとしても、その衝撃は1トンを超えると言われています。

そのため、背骨や内臓など、身体の中の方の組織を損傷しやすく(いわゆるムチウチ)、さらにその衝撃から身体は身を守ろうとする関係で、

症状が強い部分ほど痛みがすぐには出ないことが多く、2週間から1ヶ月くらいかけて症状が徐々に出てくることも特徴です。

 

ですので、まずは自己判断せず、専門の医療機関を早急に受診することが非常に大切なのです。

 

ただ、どんなに頭ではわかっていても、いざ自分が事故に遭ってしまったり、起こしてしまった時、

完璧に、冷静な判断ができる人などいるわけがありません。

 

そこで、当院で実際に患者さんや商店街の方々に渡している

 

交通事故対応マニュアル

 

をこちらのページをご覧の皆さまに無料でプレゼントさせて頂きます。

 

↑のファイルを保存して頂き、印刷して車の中に置いておいたり、携帯やスマホに保存して、

いざという時に、思い出せるようにしてみてください。

 

また、身の回りの方が実際に事故で困っていたり、巻き込まれたりした際にも、

伝えてあげることが、まずは救済の第一歩です。

 

当院への相談は、朝は8時から夜は21時までお電話で受付けております。

またラインによる相談は24時間、ご対応可能です。

 

以前は、横浜や九州の方から、ご相談の連絡を頂いたこともありました。

通えるかどうかは関係ありません。

まずはご一報いただければ、こちらで今後の手順を指示させて頂きます。

場合によっては、専門の病院や弁護士、行政書士の先生を紹介することもできます。

 

ひとりで悩む前に、まずはご連絡ください。

 

*   *   *   *   *

【もしも交通事故にあってしまったら】

ライン@で24時間、無料で相談受付しております!

無料相談・ご予約・お問合せは、↓のページからライン@をクリック

交通事故専門ページ

お電話、メールでのご相談はこちらから

☎0368026244

✉hone.rock.km@gmail.com

★当院の「交通事故被害者救済サービス」が

特徴的価値のある活動として「企業価値認定」を受賞しました。

常磐線亀有駅北口 徒歩3分
年中無休(日曜、祝日診療)
完全予約制・お子様連れ歓迎
交通事故患者さまに限り、
平日21時まで受付
 
詳しくはこちらから↓

交通事故専門ページ

3月21日(水祝)、22日(木)臨時休診のお知らせ

2018.03.20 | Category: 未分類

大変申し訳ございませんが、

3月21日(水祝)、22日(木)を
研修のため終日休診とさせて頂きます。

ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解の程よろしくお願い致します。

Hello world!

2017.11.30 | Category: 未分類

WordPress へようこそ。これは最初の投稿です。編集もしくは削除してブログを始めてください !